ドローボールの打ち方


今回、ドローボールの打ち方について紹介したいと思います。

ドローボールのスタンスは、クローズドスタンスがおススメです。
スタンスの方向にスイングすれば良いのです。

軌道は、インサイドアウトになります。
インサイドアウトの軌道にするためには、グリップはストロンググリップにします。
ストロンググリップにするためには、右手から握っていきます。
その時、右手の親指と人さし指の間の溝が、右肩を指すようにします。

次に左手を握りますが、左手の親指と人さし指の溝も右肩を指すようにします。
ストロンググリップだと、強く握りやすくなるので、グリップの強さは
軟らかく握ります。

グリップを柔らかく握ると、身体の捻転を使いやすくなります。

スタンスは、はじめに通常通りストレートに構えます。
構えたら、右足を親指の長さくらい後ろに引いて、クローズドスタンスにします。

両足のつま先は若干開いてください。そうすることによって、
上体が流れずに、しっかりと捻転することができるようになります。

ボールの位置は、普段よりボール半個分右側に寄せます。
ボールの高さは、ヘッドからボール半個分出るくらいの高さにセットします。

ヘッドの向きは飛球線に対して、直角に構えます。
両肩、腰のラインはスタンスの向きに合わせます。

この状態で打つと、力強いドローボールになります。