ハンドファースト練習①


今回は、ハンドファースト練習法について、紹介したいと思います。

インパクトで手首が少し飛球線方向に出ている形が、ハンドファーストです。

ハンドファーストでも、手首の出具合が重要です。
手首が飛球線方向に出過ぎてしまうと、脇が空いてしまい、フェースもオープンになり、
ボールにスイングエネルギーが伝わりません。

逆にアマチュアに多い、ヘッドよりも手首が飛球線の反対方向に出てしまうと、
手打ちになり、ボディターンを使うことができません。

理想的なハンドファーストは、左腕とシャフトが一直線になり、
左足に体重がしっかりと乗っている状態です。

石川遼プロは、かなりオーバーなハンドファーストでインパクトの形を作って、
ハンドファーストの確認を普段からしています。
このような確認は、インパクトエリアが延長して、風に負けないストレートボールが打てます。

ハンドファーストのメリットは、3つあります。
1つ目は、ボールをクリーンにヒットできることです。
練習場では、マットの上から打つので、ある程度ごまかしがききます。

しかし、コースではごまかしがききません。さらに地面は平たんではなく、
バンカーやラフ、傾斜地などさまざまな状況から打たなければなりません。

ハンドファーストだと、スイング軌道はダウンブローになります。
ダウンブローだと、ダフリの危険が減り、ボールをクリーンに打つことができます。

ハンドファーストのメリットは、3つあります。
2つ目は、ボールの方向性が良くなることです。

ハンドファーストでインパクトを迎えると、
リーディングエッジが飛球線に対して、ストレートになっている時間が長くなり、
ボールを長くストレートに押すことができて、方向性が良くなります。

3つ目は、ロフト角が急角度になることです。
ハンドファーストだと、ロフト角が急角度になって、インパクトを迎えます。
そのため飛距離が伸びて、スピンが効きやすく、グリーンでボールが止まりやすくなります。

ハンドファーストをマスターするための第一歩は、ストロンググリップを覚えることです。

ウィークグリップでは、いつまで経ってもハンドファーストで打つことはできません。
ウィークグリップとは、右手の親指と人差し指のラインが、左肩を向いているグリップです。

ウィークグリップだとインパクトでフェースがオープンになってしまい、
ボールをクリーンにとらえることができなくなってしまいます。

またウィークグリップだと、手首のコックがほどけやすくなり、
ダウンブローではなく、アッパーブローになりやすくなってしまいます。

ハンドファースト習得には、ストロンググリップが鉄則です。

ストロンググリップにするためには、いくつか方法があります。
グリップを挟むように、手の平を合わせます。

その状態から、右側に45度回転します。
そうすると、右手の親指と人差し指を結んだラインが、右手を向いているはずです。

ストロンググリップでスイングすると、ハンドファーストでインパクトを迎えた時に、
リーディングエッジは、飛球線に対してストレートになるのです。

次にハンドファースト練習を紹介します。
練習法その1は、クラブを使わずに家で練習することができます。

壁が身体の左側を向くように立ちます。
左足に体重をかけて、左手全体、特に左手の甲を意識して、壁を押していきます。

この時、腕だけで押しても、強く壁を押すことができません。
左足に体重をかけて、左サイド全体で押さないと、壁を押すことができません。
左サイド全体で押すことが、ハンドファーストの基本です。

練習法2は、低いボールを打つことで、ハンドファーストを覚えます。
7番アイアンを使って、ハーフスイングで低いボールを打ちます。

身体の中心にボールをセットして、左足に体重をしっかり乗せて、
低いボールを打とうとすると、自然とハンドファーストに形になるので、
ハンドファースト習得には、良い練習方法です。