バックスイングでの伸び上がり防止法


「バックスイングの時に、右腰が伸びてしまい、体重が左足に残ってしまいます」
とのご質問にお答えしたいと思います。

右の腰が伸びてしまう時は、右の膝を確認することが大切です。
腰が伸びるといくことは、右の膝が伸びていることを意味しています。

アドレスの時に、右の膝がどこを向いているかです。
アドレスからバックスイングにかけて、右の膝が上でもなく、
外側でもなく、真正面を向いていることが重要です。

右膝の向きを維持しながら、バックスイングをしていくことがポイントです。
そうすることによって、右の腰の伸びあがりを防ぐことができます。

右膝の向きが変わったり、伸びてしまうことによって、
腰が伸びてしまうので、注意して下さい。

バックスイングでの伸び上がりを防止するための練習方法を紹介します。
アドレスからバックスイングにかけて、工夫を加えていきます。

右膝を少し内側に向けるフォワードプレスを入れていきます。
右膝を内側に向けることをスイッチとして、バックスイングを始動します。
aaaa

この練習を繰り返すことによって、右膝の伸びあがりや向きのズレを防ぐことができます。
この練習が難しい場合は、アドレスの時に、右のつま先を少し内側に向けます。

そうすることによって、自然と右膝の向きが正しい方向に向きやすくなります。
この状態からバックスイングすることは、きついかもしれませんが、
右膝や右腰に踏ん張りが生まれます。

こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。



Fatal error: Uncaught Exception: 12: REST API is deprecated for versions v2.1 and higher (12) thrown in /home/miuraclub72/miuraclub.net/public_html/wp-content/plugins/seo-facebook-comments/facebook/base_facebook.php on line 1273