バックスイングでの右肘の使い方


今回は、バックスイングでの右肘の使い方について、紹介したいと思います。

スイング中の右ひじの使い方を説明させていただきます。

右ひじの使い方は、リラックスしている状態であることが大切です。

右ひじの使い方で悪い例は、右ひじを身体から大きく離してしまうことです。
右ひじを離してしまい、身体も飛球線と反対方向に流れてしまうこともNGです。

1

また右ひじが大きく外を向いてしまい、シャフトがクロスしてしまうこともNGです。

2

このような動きを修正するためには、右ひじの正しい動作を覚える必要があります。
まずは、右ひじに手を当てて下さい。構えている時は、
右ひじは、身体の正面を向くようにセットして下さい。

4

肘が外を向いてしまっていると、バックスイングの時に、
エルボーのトップを作ってしまいます。

アドレスしたら、右ひじを左手で持っていただき、
バックスイングを開始していきます。ハーフスイングの高さまで上げていきます。

5

目安としては、右ひじを少し折りたたんでくる程度で大丈夫です。
バックスイングは、左手で抑えながら上げていってください。

ハーフスイングの高さまで上げたら、左手で通常のグリップをとっていただきます。
この感覚を覚えて下さい。

それでは実際に打ってみます。右ひじを抑えている状態でアドレスしていただき、
そこからバックスイングしていきます。そのままボディターンで打っていきます。

▼動画レッスンはこちら▼