バックスイングでの右肩の使い方


今回は、バックスイングでの右肩の使い方について、紹介したいと思います。

右肩がバックスイングで、上に上がってきてしまうと、
バックスイングの時に、身体の捻転を抑えてしまいます。

上がって上に

両肩のラインは、力を抜いた状態で、背中を回して、回転していくのが理想です。
右肩がバックスイングで近くなってくる方は多いと思います。
このような方々におススメの練習ドリルです。

まず左手で右肩を抑えます。クラブを右手1本で持っていただきます。
単純な練習方法ではありますが、左手で右肩をさわったまま、スイングをしてみて下さい。

クラブを右手1本

そうすると右肩の力の入り具合を感じることができます。
ボールを打つことが可能な方は、左手で右肩をさわったままスイングしてみて下さい。
右手1本でスイングしてみて下さい。

左手で

それでは実際に1球打ってみたいと思います。
左手で右肩を触っていただき、右手1本でクラブを持ってアドレスします。
両足のセンター付近にボールを置いていただいて、打ってみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼