バックスイングで伸び上がってしまう人の改善点&修正ドリル


回は、バックスイングで伸び上がってしまう人の改善点&修正ドリル
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

バックスイングで上体が伸び上がってしまいます。

修正する方法があったら、教えて下さい。

よろしくお願いします。

=====================

というご質問にお答えします。

バックスイングで伸び上がってしまう方は、
右のひざが、動いてしまうことが多いです。

右のひざ

右のひざが動いてしまい、股関節が伸びて、
上半身が伸びてしまいます。

かかと

このような方は、体重のかかり具合が、
スイングの時にかかと側にかかってしまうことが多いです。

かかと側にかかってくると、身体が極端に回ってしまい、
オーバースイングになってしまいます。

体重のかかり具合が、毎回変わってしまい、
スイングが、バラバラになってしまいます。

ここで、通常のアドレスで構えていただき、
右のつま先で、クラブヘッドを踏んでいただきます。

内側にセット

シャフトが邪魔にならない所に、セットして下さい。
シャフトが前に出てしまうと、バックスイングで邪魔になってしまうので、
注意して下さい。

つま先

親指でクラブを踏んでいますので、バックスイングで、
体重を右足の親指にかけて下さい。

クラブが左足のつま先に倒れてしまわないように、
右足で踏んでください。

シャフトの角度が変わらないように、
スリークォーターのスイング幅で、振って下さい。

倒れない

この練習を続けることによって、
上半身の角度を維持することができます。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。