バックスイングの直し方


今回は、バックスイングの直し方について、紹介したいと思います。

バックスイングを上げるときに、クラブを内側に上げすぎてしまうと、トップからダウンスイングにかけて、
今度は外側から下りてきてしまいます。そうすると、ひっかけやチーピンが出やすくなってしまいます。

内側を嫌って、今度は外側から上げようとすると、ダウンスイングで、内側からクラブが下りてきてしまい、振り遅れてしまいます。
バックスイングの乱れは、アドレスをチェックすることから始めます。アドレスした時に、腰を若干オープンにします。

そうすると、バックスイングの軌道が正しくなり、まっすぐ後ろに動かせるようになります。
バックスイングでは、方、腰、腕を一体化して動かします。そうするとスイング軌道は、若干内側に入る軌道を描いていきます。

腰を開く角度は、数値にして、10度までです。それ以上開くと、身体のラインそのものが狂ってしまい、
スライスの原因になるので、注意して下さい。

バックスイングの始動に迷いが出た時の練習ドリルとして、右手クラブ逆さ持ちスイングがあります。
右手でクラブを逆さに持っていただき、素振りをします。

逆に持っている分、軽く感じるはずなので、リラックスして、
腕の力を抜いて、スイング軌道を確認してください。