バナナボールの原因と修正法


今回は、ドライバーでのバナナボールの原因と修正法について、紹介したいと思います。

バナナボールとは、スライスの一種です。
ターゲットより左側に飛び出していき、急に右側に曲がるボールです。

バナナボールの原因は、アドレスにあります。
多くのゴルファーは、小目標を設定せずに、遠くのターゲットを基準に
スタンスを決める傾向があります。

遠くを基準にすると、身体は右を向きやすくなり、両足はクローズドスタンスになってしまいます。
一方で、両肩はターゲットを向いているといったちぐはぐなアドレスになります。

このようなアドレスになると、右肘が伸びてしまい、バックスイングはアウトサイドになってしまいます。
当然ダウンスイングは、アウトサイドインの軌道になり、ボールをカット打ちしてしまいます。
その結果、バナナボールになってしまうのです。

バナナボールの対処法は、アドレスを見直すことです。
最初にわずかにクローズドスタンスで構えます。

次にボールを右側から見るように構えて、右ひじを身体側に引いて、
右脇を締めます。

そうすると、肩のラインが飛球線に対して平行もしくは若干クローズドになります。
この構えによって、体重が右足荷重になり、スイング軌道がインサイドインに修正されてきます。