バンカーからのアプローチ方法


今回は、バンカーからのアプローチ方法について、紹介したいと思います。

セカンドショットをミスしてしまい、入れたくはなかった
グリーン周りのバンカーにつかまってしまった経験は、どなたでもお持ちのはずです。

バンカーを脱出する際に、飛距離をある程度出す打ち方と
飛距離を抑える打ち方をマスターすれば、ピンに寄る可能性が、格段にアップします。

まずは、飛距離を出す打ち方です。フェース面は、飛球線に対して、
直角にセットします。アドレスは、若干オープンにします。
手首は、左足の付け根に寄せて、アルファベットのYになるような形にします。

アドレスしたら、スタンスの方向に沿って、スイングしていきます。
ボールを上げようとするのは禁物です。アッパースイングになってしまい、
トップの危険性が出てきます。体重は左足にかけて、左手でスイングするようにして下さい。

次に飛距離を抑える打ち方です。フェース面は、飛球線に対して、
45度くらいのオープンにします。手首は、身体の中心にセットして下さい。
アルファベットのYの字になるような形にします。

アドレスしたら、スタンスの方向に沿って、スイングするようにして下さい。
この場合もボールを高く上げようとする意識は捨てて、左サイド主導でスイングします。