バンカーからパーをとるための練習ドリル


今回は、バンカーからパーをとるための練習ドリルについて、紹介したいと思います。
バンカーからパーをセーブしようと思ったら、通常のバンカーだったら、
確実に脱出できる技術が必要になってきます。

バンカーから確実に脱出するためには、下半身の動きが重要になってきます。
下半身の動きが止まってしまうと、右サイドに体重が残ってしまい、
アッパースイングになってしまいます。

下半身を動かしていくためには、素振りが有効になってきます。
素振りの方法は、アドレスを左足下がりにセットします。

この状態でアドレスすると、体重が左足の股関節に乗ってきます。
左足体重を体感していただければ、体重が右サイドに残ったまま打つことを防ぐことができます。

左足下がり素振りによって、スイング軌道が低く長くなり、砂の圧力に負けないようになります。
頭の位置をできるだけキープしていただいて、両ひざを左サイドに動かしていきます。

素振りは三回くらい行うと、スムーズな動きになってきます。
もしうまく打てないときは、ボールを意識しすぎてしまっていることが多いです。

下半身を積極的に使っていくことが重要です。
アドレスした時に、シューズを砂に埋め込まないようにして下さい。
埋め込んでしまうと、下半身を使いにくくなってしまいます。

左サイドへの体重移動の基準は、左足の小指側が砂に埋まるくらいの圧力が
かかるようにして下さい。