バンカーショットでの距離の打ち分け方


今回は、バンカーショットでの距離の打ち分け方について、

紹介したいと思います。

 

バンカーから距離を打ち分けることは、多くの方々が

難しいと思っているようです。

 

しかし決してそのようなことはありません。

ポイントは、ボールを下から投げることです。

 

ボールを高く上げて、距離を抑えたいときは、

手首をスローテンポで大きくスイングしていきます。

 

逆にボールを低く出して、距離を稼ぎたいときは、

手首を使って、スイングしていくはずです。

 

ボールをセットする位置もスタンスも同じで構いません。

フェイス面をオープンにしていくことです。

 

高いボールを打ちたいときは、フェイス面を45度まで

上げていく必要があります。

 

ボールを高く上げるためには、腕の振り幅を

大きくしていきます。スイングスピードは、

ゆっくりしていきます。

 

距離を抑えることができます。

フォロースルーを大きくとることで、

砂を多く飛ばすことができて、

高いボールを打つことができます。

 

逆に低いボールを打ちたいときは、

手首を積極的に使っていき、

フォロースルーを小さくとることが重要です。

 

身体の動きを止めていただいて、

手首の動きを優先してスイングする感じです。

 

低いボールで地面に落ちてから、ランを稼ぐことができます。