バンカーショットとフットワーク


今回は、バンカーショットとフットワークについて、紹介したいと思います。

バンカーは、足場が不安定なので、足場を固めるために、下半身を固定することが推奨されています。
しかし強く下半身を固定しすぎてしまうと、ヘッドの加速が鈍くなってしまい、
砂の重みにヘッドが押し返されてしまい、バンカーから抜け出せないことがあります。

ミスショットが出てしまう原因の1つに、頭が前後左右に動いてしまうことが挙げられます。
対策としては、足を砂に埋め込みすぎず、体重移動を積極的に使って打ってみることです。

この方法でうまくいかない方は、ヘッドがボールをとらえる位置が不安定になっていて、
だふりやトップが出やすくなる傾向があります。

そのような場合は、つま先に体重を乗せるだけでなく、ひざの高さを最後までキープするように打ってみて下さい。
そうすると、体重移動を使っても、だふりやトップがなくなってきます。

この感覚を身につけるために有効な方法がつま先下がりスイングです。
つま先下がりの場所に立っていただき、アドレスをとります。その状態から、
ひざの高さをキープしたまま、スイングしてみて下さい。

この練習によって、頭の動かさずにひざの高さをキープする感覚をマスターすることができます。