バンカーショットのスイング軌道


今回は、バンカーショットのスイング軌道について、

紹介したいと思います。

 

一般的にバンカーショットのスイング軌道は、

アルファベットのVの字のイメージが強いと

思います。

 

しかしVの字のスイング軌道だけでは、

ピンまで距離があるとき、届かない可能性があります。

 

ピンまでの距離が10ヤード以下であれば、

スイング軌道は、10ヤードで大丈夫です。

 

しかいピンまでの距離が10ヤード以上になると、

Vの字では、届きません。

 

距離が長いときは、アルファベットのUの字の

スイング軌道でスイングしていきます。

 

2つのスイング軌道の打ち分け方ですが、

Vの字のスイング軌道を描くには、

トップのときに、左手首を甲側に折っていきます。

 

甲側に折ることによって、フェイス面がオープンになり、

スイング軌道が、Vの字になります。

 

逆に手首を甲側に折らないと、

フェイス面はオープンにならずに、

スイング軌道は、Uの字になっていきます。

Uの字のときは、横から必要最低限の砂をとって、

払うように打てます。

 

Vの字の軌道の時は、スイング軌道は、

ボールの外側から、アウトサイドに入ってきます。

 

Uの字の軌道の時は、スイング軌道は、

ボールの外側から、インサイドに入ってきます。