バンカーショットのスイング軌道


今回は、バンカーショットのスイング軌道について、紹介したいと思います。

以前のバンカーショットであれば、オープンスタンスにして、
アウトサイドインのスイング軌道にしていました。しかしその打ち方だと、
方向性に難があるというデメリットが出てきてしまいます。

最近のバンカーショットは、大きなオープンスタンスはとりません。
スイング軌道もターゲット方向に振りぬいていきます。

スイング軌道をターゲット方向に振りぬいてしまうと、右に飛んでしまうのではないかと
心配になる方もいると思いますが、手首をハンドファーストにしてしまうと、確かに右に飛んでしまいます。

しかし手首を身体のセンターにセットして、手首を下方にセットすれば、方向性が安定してきます。
バンカーは、手で打ちやすいので、身体の捻転をしっかり使う必要があります。

フォロースルーでも、胸がターゲット方向に向くように、振りぬいて下さい。

左サイドのつま先は、若干オープンにしてみて下さい。スタンスは、若干オープンになります。
スイング軌道は、ターゲットに対して、まっすぐに振りぬいていきます。

そうすれば、ボールが左右に散らばることなく、ターゲットに向かって飛んでいきます。