バンカーショットのスタンス


今回は、バンカーショットのスタンスについて、紹介したいと思います。

多くのゴルファーにとって、バンカーショットは、 鬼門だと思います。バンカーショットが苦手な原因として 考えられるのが、きれいにダフれないことです。

ボールをクリーンに捉えて打ってしまい、バンカーの アゴに当たってしまうことが多いです。通常のアプローチ感覚で 重心が高い状態で打ってしまうことが原因です。

重心が高いアドレスは、通常のスイングをするための方法です。 重心が高いと、ヘッドが砂に入ってくれません。

ヘッドを砂に入れるためには、蟹股にしていただいて、 スタンスは、肩幅よりも広く構えて下さい。 そうすると、自然にての重心が位置と重心が下がってきます。

スイング軌道は、レベルスイングになってきて、 自然とダフるようになります。下半身を突っ張らないように して下さい。

ひざは適度に曲げていただいて、腰を低くして下さい。 スタンスを広げると、バランスを崩しにくいので、 ひざを曲げて下さい。

砂をエクスプロージョンさせるために、フェイス面を オープンにしていただいて、バンスを砂にぶつけて下さい。

スイングでは下半身を固定していただいて、 上半身だけでスイングして下さい。