バンカーショットの基本


今回は、バンカーショットの基本について、

紹介したいと思います。

 

最初にバンカーショットのベーシックスイングです。

身体の正面に手首とクラブがあるようにスイングすると、

毎回安定したスイングを再現することができます。

 

フェイス面をフォロースルーで返さずにスイングすると、

高いボールを打つことができます。

砂をはぎ取るよりも簡単にボールを止めることができます。

 

グリップは、短めに握るのがバンカーショットでは、

大前提です。

グリップを短く握る理由は、砂に負けないように、

振り抜くためです。

 

想像よりも砂を取りすぎても、短か握っていれば、

なんとか振り抜くことができます。

 

バンカーショットは砂を取らなきゃいけないと

思っていませんか。

バンカーショットと言えども、実際のショットと

あまり大差ありません。

 

砂ごと取らなければいけないので、その分

スイングの幅を大きくします。

 

ヘッドが砂に入りすぎないように、

フェイス面をオープンにしたり、

オープンスタンスにしたりしますが、

強く砂に打ち込む必要はありません。

 

右の手の平をフェイス面に見立てて下さい。

右手の平を空に向けるように振り抜くと、

ボールが上がります。

 

右手の平を下に向けるように打つと、

ボールが転がります。