バンカーショット攻略のための目の使い方


今回は、バンカーショット攻略のための目の使い方について、
紹介したいと思います。

バンカーショットが苦手なゴルファーの方は多いと思います。
苦手の主な原因は、ヘッドを地面につけることができない点や
砂をとらないといけない点だと思います。

砂をとりたいために、ボールの後方にヘッドを入れようとするため、
上半身が突っ込みすぎたり、アッパーブローになってしまい、
ダフリやトップになってしまうのです。

砂をとって、砂ごとボールを運ぶショットのことをエクスプロージョンショットと
言いますが、通常のショットはボールをクリーンに打つため、
一般ゴルファーは、エクスプロージョンショットに慣れていません。

そのために、バンカーショットに対する不安から、ショットが乱れると考えられます。

そこでボールの見方を変えて、通常のショットを打つ感覚で、
エクスプロージョンショットを打つ方法を紹介します。

まずは、利き目が右のゴルファーの方は、
右目を閉じて、左目だけで打ちます。

右目を閉じると、ボールが3分の2個右側に移動したように見えます。
その状態からボールを打つと、クリーンヒットする感覚で、実際には
砂をとって打つことができます。

最初はミスショットがでますが、慣れてくるとクリーンヒットする感覚で、
エクスプロージョンショットが打てるようになります。

利き目が右目の方の打ち方ですが、
スタンスをとる時は、両目でセットします。
両足の向きは、オープンに構えます。

ボールの位置は、左足かかとの延長線上にセットします。
あとは、右目を閉じて打つだけです。

注意する点としては、右目を閉じたら、できるだけ早くスイングを開始することです。
右目を閉じた状態が長く続くほど、違和感が出てきて、ミスショットの可能性が高くなります。

次に左目が利き目のゴルファーのバンカーショットです。
右目が利き目のゴルファーは、両目でアドレスしますが、
左目が利き目の場合は、左目を閉じてアドレスします。

左目を閉じた状態で、ボールを左足のかかとの延長線上にセットします。
セットし終わったら、両目でスイングします。

この時に、体重が左足に乗っていることを確認してください。

片目を閉じた練習は、エクスプロージョンショットの習得以外にも
別の効果があります。

片目を閉じて練習することによって、当然視野が狭くなります。
視野が狭くなることによって、余計な身体の動きや体重移動が少なくなって、
ミスショットを減らす効果があります。ぜひ試してみて下さい。