バンカースイングは振り遅れを意識する


今回は、バンカースイングは振り遅れを意識するというテーマで、紹介したいと思います。

砂の上をバンスで滑らせて、砂を少なめに剥ぎ取るためには、オープンスタンスで、
ボールの赤道にヘッドを構えますが、薄く剥ぎ取るためには、いくつかポイントがあります。

砂を薄く剥ぎ取るためには、インパクトを低く長くとる必要があります。
そのためには、アドレスでハンドファーストに構えます。

ハンドファーストで構えると、ヘッドが遅れて下りてくるようになります。
ヘッドが振り遅れてくると、フェイス面が自然にオープンになってきます。

フェイス面がオープンになると、砂を薄く剥ぎ取ることができます。
フェイス面を自然にオープンにさせるには、アドレスでインパクトの形を
完成させてしまうことです。

オープンスタンスに構えたら、フェイス面をターゲットに向けます。
ダウンスイングでは、右ひざを左サイドに移動していきます。

バックスイングでは、手首をこねないように、クラブを上げていきます。
手首を使わないようすれば、ボールの後ろからヘッドが入って、
砂を薄く長く剥ぎ取っていきます。

ダウンスイングでは、状態がターゲット方向に突っ込まないようにして下さい。
体重は、右足のインサイドに乗せたまま、そこを中心にスイングしてみて下さい。