バンカー攻略のヒント


今回は、バンカー攻略のヒントについて、紹介したいと思います。

1.バンカーショットのグリップ
バンカーショットでは、グリップする順番に注意する必要があります。
NGは、最初にグリップしてから、フェイスを開いてしまうことです。

最初にグリップしてしまうと、フェイスを開いた時に、
ストロンググリップが強くなりすぎてしまうからです。

最初にフェイスを開いてから、グリップするようにします。

2.距離感の調節
バンカーショットでの距離感は、フェイスの開き具合と振り幅で調節します。
ピンまで30ヤードくらいの時は、フェイスの向きは、飛球線に対して、垂直にします。

フォロースルーは、腕が顔くらいの高さまでくるようにスイングします。

ピンまで10ヤードくらいの時は、フェイスの向きは、オープンにします。
フォロースルーは、腕が胸くらいの高さまでくるようにスイングします。

3.バンカーショットのスタンス
バンカーショットでは、大きくオープンスタンスをとる印象がありますが、
そんなことはありません。

オープンの度合いは、ボール1個分です。
ボール1個分左足を後ろに引いたオープンスタンスをとります。
1個分オープンにした分、スイング軌道はアウトサイドインになります。

それだけで十分カット打ちになっているので、
意識的にカット打ちをする必要はありません。