バンスを使うための打ち方


今回は、バンスを使うための打ち方について、

紹介したいと思います。

 

バンスを使うためには、いくつかのポイントが

あります。

 

バンスを滑らすためには、手首の解放を早めに

することがポイントになってきます。

 

バンスを滑らすためには、ボールの約2個分手前に

ヘッドを落としていきます。

 

ダフリを心配される方がいるかもしれませんが、

ダフリを恐れずに、スイングしていくことが重要です。

 

ポイントは、一般的なアイアンショットと同じではなく、

インパクトで手首をヘッドが追い越していくイメージで

打ってみて下さい。

 

ハンドファーストではなく、ハンドレイトがおススメです。

手首が右サイドの太ももの前くらいに来たら、

手首を開放していきます。

 

そうすると、ボールがヘッドのフェイス面の上を

下から転がり上っていく感じになります。

 

しかしアッパーブローですくい上げてはいけません。

リーディングエッジが、ボールの上方向に当たってしまい、

トップが起きてしまうので、注意して下さい。

 

バンスを滑らせるための練習方法を紹介します。

コックを小さくして、振り幅を小さくして下さい。

 

パッティングの要領で、芝の上を滑らせていきます。

インパクトで、ボールがフェイス面の上を転がるか

試してみて下さい。