バンスを使ったアプローチ②


今回も、バンスを使ったアプローチについて、紹介したいと思います。

アドレスしたら、身体をボールに近づけた分、ターゲットのやや右側を狙って打ちます。
スイング軌道は、パターをイメージして、低く長い軌道になるように注意して下さい。

この方法で打っていくと、バンスが地面に跳ね返されることが、なくなってきます。
またハンドファーストを意識しすぎて、上からヘッドを叩き込む必要がないため、
地面にヘッドが刺さる心配もなくなります。

ヘッドの付け根を地面から離した分、ヘッドの先が地面を滑るように動くので、
正確にボールをヒットすることができるようになります。

ボールが飛び過ぎない打ち方なので、ターゲットまでの距離が短い状況でも、
対応することができます。パター感覚でボールを打ちます。
ヘッドの付け根を浮かして、両肘を曲げて、低く長いスイング起動で打ちます。
距離感に安定感が増してきます。

クラブをピッチングウェッジに変えて打てば、ラフからのアプローチにも対応ができます。
ピッチングウェッジを使う時は、フェースをオープンにして、アドレスします。
ふわっとしたボールを打つことができます。
スイングの幅、ボールをどこに落とすか、スイングスピードを意識して下さい。

インパクトからフォロースルーにかけてのポイントは、
ボールをセットした位置を見過ぎないことです。
見続けてしまうと、腕だけスイングになりやすく、
クラブが上から入ってしまい、ダフリの原因になります。

フォロースルーにかけては、ヘッドを見るようにします。
ヘッドを見ることによって、ボディターンとクラブの動きが一体になり、
ショットに安定感が増してきます。