パターでのラインの読み方


今回は、パターでのラインの読み方について、

紹介したいと思います。

 

入るか入らないかと微妙なパットを、

惜しくも外してしまい、ラインの読み間違いが

原因として、考えられます。

 

長くて複雑なラインを読むことが誰でも難しいものです。

そのような場合は、2メートルくらいのラインを読む

練習から始めたいと思います。

 

最初にカップを時計に見立てます。

若干のフックラインなら、時計の四時半くらいの

ポイントをボールの入り口と考えると、

どのくらいのラインが必要になってくるかが

分かります。

 

大きく曲がるフックラインであるならば、

時計の三時くらいが、ボールの入り口になるはずです。

 

逆に大きく曲がるスライスランであるならば、

時計の九時くらいが、ボールの入り口になるはずです。

 

カップの入り口が分かったら、

タッチの計算がしやすくなってきます。

 

次の曲がり幅の頂点を決めていきます。

カップの入り口から逆にラインを見ていって、

曲がり幅の頂点を見つけていきます。

 

ラインは一方向からではなく、

必ず全方向から見ます。

 

最低4方向からは、ラインを見て下さい。

ラインを正確に読んでも、正しくボールを

打ち出すことが出来なければ、意味がありません。

 

まっすぐ引いて、まっすぐ押し出す練習をして下さい。