パターで重要になってくる下半身の動き


今回は、パターで重要になってくる下半身の動きについて、

紹介したいと思います。

 

パターで、なかなかまっすぐに打ち出せない方には、

特徴があります。

 

パッティング中に、下半身が不安定になっている

可能性があります。

 

パターには、基本的に力はいりません。

力が要らない分、下半身を移動させることによる

体重移動が必要ないのです。

 

両肩の動きだけで、パターを動かす必要があります。

イメージ的には、振り子を思い出してください。

 

どんなにハンディが少ない方でも、他のショットの

混同してしまい、下半身を左右に動かしてしまうことがあります。

 

もしパターの方向性が微妙にずれている場合は、

足をしっかりと地面に押し付けて下さい。

 

磁石でくっついているイメージでも良いです。

このようなイメージを持つことによって、

特にロングパットが有効になってきます。

 

両足が少しでも動いてしまうと、フェイス面がインパクトで

ストレートに戻りにくくなり、ボールが左右にぶれるだけでなく、

距離感も狂ってしまいます。

 

下半身を安定させて、上半身だけで

ストロークしていきます。

 

下半身が動きにくい方は、

ひざを伸ばすと効果的です。

 

ひざを伸ばすことによって、ひざを使うことが

出来なくなるので、体重移動を防いでくれます。