パターのストロークを安定させて、確実に芯でとらえる方法


今回は、パターのストロークを安定させて、確実に芯でとらえる方法について、紹介したいと思います。

ボールの動画のようにセットしてみて下さい。
ボールを3つ並べてはありますが、実際に打っていくボールは、真ん中になります。

ボールをせっとしてあります。

若干広くセット

両サイドのボールは、パターの幅より若干広めにセットして下さい。
真ん中のボールを実際に打っていきます。

真ん中

両サイドのボールに当たらないようにスロトークしていきます。
このようにすることによって、真ん中にしかボールを当てることができなくなります。

例えばインサイドに振り上げてアウトサイドに出してしまうと、
前方にボールに当たってしまいます。

この練習によって、ストロークを安定させることにつながります。
芯でボールを捉えることができるようになってきます。

それでは実際に打ってみたいと思いますので、
ご覧ください。

両肩と手首を結んだ三角形を崩さないように、まっすぐ後ろに引いて、
まっすぐに押し出します。

まずはカップまでの距離を短くして、ストロークに集中しやすくしてみて下さい。
みなさんもボール3個練習を試してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼