パターのストロークを安定させる為の練習方法


今回は、パターのストロークを安定させる為の練習方法について、紹介したいと思います。

パターのストロークが乱れてしまう原因として、手打ちになっている可能性があります。
手で打ちにいっしまうと、ストロークが乱れてしまい、
引っかけや右プッシュの原因になってしまいます。

ストロークを安定させるためには、両わきを締めて、
両肩と手首を結んだ三角形全体で、ストロークしていく必要が出てきます。

今回は、ボールを打たずに行うストロークの練習です。
パターのどこか安定する場所にコインを乗せて下さい。

コインを乗せて下さい。

スイングしていきます。

往復ストロークをしながら、コインが動かないように落ちないように
ストロークを繰り返してください。

落ちないように

ある一定のスピードを超えてしまいますと、
このようにコインが落ちてしまいます。

毎回、パターに乗せたコインが落ちないように、
ゆっくりとしたストロークでスイングを行っていきます。

コインを落とさないでスイングすることは、けっこう難しいかもしれません。
みなさんもぜひ試してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼