パターのストローク中に芯でとらえるための練習方法


今回は、パターのストローク中に芯でとらえるための練習方法について、紹介したいと思います。

今回は、1mちょっとの距離を打っていきます。
使用するのは、サンドウェッジです。

サンドウェッジの刃をボールの真ん中に当ててボールを転がします。
ボールが浮くような打ち方はNGです。芝を擦ってもだめです。

刃をボールの赤道に当てていきます。このようにすることによって、
平行のストロークができて、芯でボールを打つことができます。

刃をボールの赤道に

それでは、実際に打ってみたいと思いますので、ご覧下さい。
グリップは、パターと同じグリップで握ります。

パターと同じグリップ

リーディングエッジをカップの方向に向けます。
リーディングエッジを少し浮かせて構えて下さい。

リーディングエッジを赤道にセットして下さい。
そこからゆっくりとしたストロークでボールを打っていきます。

ゆっくりとしたストロークで

この練習によって、頭のぶれや身体のぶれなどが修正されていきます。
芯でボールを捉えることができるようになるので、試してみて下さい。

パターマットでも練習グリーンでもOKです。サンドウェッジを持って、
練習するようにして下さい。

▼動画レッスンはこちら▼