パターのストローク中の肩の動き


今回は、パターのストローク中の肩の動きについて、紹介したいと思います。

最初に、アイアンを1本用意して下さい。
アイアンを両わきの下に挟みます。

アイアンをはさみます。

通常のスイングですと、肩を回転させると思います。
動画のようにバックスイングをしていきますと、
フェイス面がローテーションしてきてしまいます。

肩を回転させる

こうなると、真っ直ぐ転がすことが難しくなってしまいます。
2メートルくらいのパッティングするイメージでスイングしてみて下さい。

脇に立てたシャフトが、このように縦に動くようにスイングしてみて下さい。
例えばクラブが当たってしまう場合、アウトサイドインの軌道になってしまいます。

縦に動くように

他には、クラブが当たってしまう場合、インサイドアウトになってしまいます。
右側に押し出してしまう形になってしまいます。

慣れてきましたら、グラブを両方にあてがって、スイングしてみて下さい。
自分の癖をチェックすることができます。

実際にクラブを両わきにはさんだまま、ボールを打ってみて下さい。
最初は、カップまでの距離を1mくらいから打ってみて下さい。

実際に練習

両わきにクラブをはさんだまま、ボールをカップインしてみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼