パターの方向性を安定させる為の練習方法


今回は、について、紹介したいと思います。

写真のようにボールをセットしてみて下さい。
実際にボールを打つのは、左端のボールです。

写真のようにボールをセット

右側にある2つのボールは、カップに向けての入り口の門になります。
ここを通過しないと、ボールはカップに入ることはありません。

カップに入りません。

2つのボールは、仮想の門になります。
スライスラインなら、左側に2個のボールをセットします。

常に入り口をイメージして、そこを通過させるイメージを持ちます。
常に入り口をイメージしていただくと、少し長い距離になっても、
パッティングラインをイメージすることができます。

それでは、実際にボールを打ってみたいと思います。
ボールとボールの間の間隔が狭いと感じた時は、無理しないで、
ボールとボールの間隔を広げてみて下さい。

実際に打って

このように入り口を想定して、本番でも打てるように練習してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼