パターの距離感を養う為の練習方法


今回は、パターの距離感を養う為の練習方法について、紹介したいと思います。

まずは、右手にボールを持ってみて下さい。
右手でパターを使わずにボールを転がしてみて下さい。

右手で

この練習で、距離感を養っていきます。
次に20ヤードくらい離れてみて下さい。

20ヤード

20ヤードの距離をイメージしながら、ボールを転がしてみて下さい。
数回転がしてみて下さい。

最後の距離が距離が合ってきたようです。
右手の転がす感覚を覚えている状態で、ストロークをしてみて下さい。

パター

実際にボールを持って、転がしてみて下さい。
最後のボールを転がしたイメージを大切にして、ストロークしてみて下さい。

もし距離感が合わなかった場合は、また手で素振りをしてみて下さい。
慣れてきたら、パターを持って、距離感が合うまで練習してみて下さい。

距離感が合ってきたら、大丈夫です。
手でボールを転がすイメージで、打つようにして下さい。

コースに出て、ロングパットが残ってしまったら、
右手で投げた感じを思い出してください。

自分が打つ順番がくるまで、右手素振りを繰り返して、距離感をつかんでください。
自分が打つ順番がきたら、右手の感覚を頭に描きながら、ストロークして下さい。

▼動画レッスンはこちら▼