パターを使う基準


今回は、パターを使う基準について、紹介したいと思います。

レギュラーツアーを観戦していると、プロゴルファーが、
グリーンからこぼれたボールをパターで打っている光景を目にします。

以前ならパターでアプローチなんてという風潮がありましたが、
最近は、プロでも積極的にパターで、アプローチしているようです。

グリーンを外したボールが、カラーで止まっていれば、
パターが使えないかを考えると良いです。特にカラーの芝が逆目の場合は、
ウェッジだと芝に引っかかる可能性があるので、パターの方が、簡単に打てます。

もしボールが転がるエリアに、複雑なアンジュレーションがあれば、
浮かしてアンジュレーションを越えた方が良いです 。

ピンがボールから近い位置にあって、ラインが下っていれば、
パターがオススメです。アドレスを工夫すれば、パターで30センチくらいボールを
浮かせることができます。手前にラフがあったとしても、
ラフにボールの勢いを損なわれずに済みます。

ボールを浮かせるためのパターの打ち方ですが、
右足を普段より、足の幅分広くアドレスして下さい。

そうすると、手首よりヘッドが前にくる状態になり、
ボールをアッパーブローで捉えることができます。

アッパーブローで打つと、ボールをある程度浮かせることができます。
アドレスが通常のままだと、ダウンブローでヘッドが入ってしまい、
ボールが浮かないので、注意して下さい。