パッティングでボールを順回転させる際の注意点


今回は、パッティングでボールを順回転させる際の注意点について、紹介したいと思います。

パターのスイング軌道で、誰もが考えるのが、
まっすぐにバックスイングしてまっすぐ押し出していくのか、
若干弧を描いてストロークするのかという点です。
しかしこのことを考えてしまうと、手首でスイングしようとしてしまうので、要注意です。

インパクトでボールを正確にヒットできなくなるだけでなく、
スイング軌道までずれてしまうので、要注意です。

そこで自分にとって、ベストなスイング軌道を描くためにはどうすればよいかですが、
目を閉じていただいて、スイングしてみて下さい。そのときの軌道がベストなスイング軌道になります。
手首を使いすぎずに、肩から腕を使ってスイングして下さい。

バックスイングを開始するタイミングをとるために、手首を左サイドに動かしていくフォワードプレスは、
ほどほどにすることが重要です。強くやりすぎてしまうと、ロフトが立ってしまうために、
ダウンスイングがダウンブローになってしまって、順回転しにくくなってしまいます。

フェイス面がずれてしまう原因にもなります。フォワードプレスは、
どんな強くやったとしても、シャフト1本くらいの幅に留めて下さい。