パッティングで順回転させる方法


今回は、パッティングで順回転させる方法について、紹介したいと思います。

距離が長いパッティングが残った時に、カップではなく、
直径1メートルくらいをターゲットと見なすと、楽に打てるという方法があります。

しかしこの方法は、プレッシャーをかけないための方法の1つではありますが、
ターゲットを大きくしてしまうと、狙うべきポイントが漠然としてしまい、漠然としたストロークになってしまいがちです。

ラインを決めたら、ボールの転がる方向のどこかに小目標を定めましょう。
その小目標に向かって、ボールを打ち出していきます。

振り幅を左右で同じにする必要はありません。左右で同じ振り幅にしてしまうと、
インパクトで緩む可能性が出てきます。フォロースルーは、バックスイングに比べて、小さめにしていきます。

ボールを打った衝撃でヘッドが動く力は、弱くなっていますから、
その分フォロースルーの動きは小さくなります。その動きに逆らって、
無理にフォロースルーを大きく取る必要はありません。

フォロースルーを小さく取ることによって、回転に無駄がなくなり、
ボールが順回転するようになっていきます。ボールをセットする位置は、
ヘッドを身体のセンターにしていただいて、その横にボールがきますから、若干左サイドになります。