パッティングのインパクトの緩みを防止する方法


今回は、パッティングのインパクトの緩みを防止する方法について、
紹介したいと思います。

パッティングで、ミスの原因になりやすい大きな要因は、
インパクトで緩みが出てしまうことです。

インパクトで、手首が緩んだり、身体が上下に動いてしまったり、
左右にぶれたりしてしまうと、ボールをしっかりとらえることができなくなります。

そこで提案したいのが、腹筋を締めることです。
腹筋を締めることによって、身体が上下左右にぶれることがなくなり、
身体に良い緊張感を保ったまま、ヘッドを真っ直ぐに動かすことができるようになります。

プレッシャーもインパクトが緩む原因になります。
プレッシャーは、ゴルフをしていれば必ずかかると言っていいでしょう。

プレッシャーに対処するには、プレッシャーは必ずかかることを前提にして練習することです。
プレッシャーがかかりそうな状況をイメージします。
そのイメージを持ちながら、腕だけでゆっくり素振りをします。
これをシャドーイメージと言います。

何回も繰り返していると、プレッシャーがかかる場面でも、腕が勝手に動いてくれます。
パターで大事なのは、特に左腕です。

左腕を意識して、腹筋を締めて、シャドーイメージを練習して下さい。