パッティングの極意


今回は、パッティングの極意について、紹介したいと思います。

極意1:ボールは、目の下にセットしたら良いのか?
ボールをセットする位置を決めるには、身体のラインが重要になってきます。
スタンスを決めて、膝、腰、肩のラインをストレートにしていきます。

この状態を決めてから、ボールをセットする位置を決めていきます。
一般的には、ボールは目の真下が良いとされています。

パッティングだけを考えるのであれば、確かにその通りです。
しかしゴルフは、パッティングだけではありません。

ドライバーやアイアンも使います。これらのクラブを使う時のボールの位置は、
当然目の真下より外側になります。

ドライバーやアイアンとの連続性を考えて、パターでも目の真下よりボール1個分くらい
外側にボールをセットすると良いでしょう。

極意2:ボールは、身体のセンターにセットしたら良いのか?
理想的なボールの位置は、身体の重心に合わせてセットすることです。
パターを振った時に、パターヘッドの最下点が重心位置です。
最下点にボールの右端の部分があったら、最も効率的にボールをヒットできることになります。

ストローク中は、ボールに効率的にパターヘッドの運動エネルギーを伝えるために、
下半身や頭を動かさないようにしましょう。

極意3:逆オーバーラッピンググリップのメリット
パターのグリップは、かなり個人差がありますが、プロのグリップを見てみると、
逆オーバーラッピンググリップが、目につきます。

逆オーバーラッピンググリップのメリットは、利き手の持ち味を活かせることにあります。
オーバーラッピンググリップと比較して、右手と接している部分が多いので、
タッチが敏感になります。

両手に一体感が生まれるので、スイング軌道が安定してきます。
もちろんオーバーラッピンググリップが、悪いわけではありません。

他のクラブと同じ握りなので、混乱しなくてすみます。
パターのグリップに関しては、絶対という握りがないので、
いろいろと試してみて下さい。

極意4:パターのスタンスは、オープンそれともクローズ?
スタンスの開き具合には、それぞれメリットがあります。

オープンスタンスのメリットは、身体全体をターゲット方向に開くので、
野球でピッチャーがボールを投げる感覚で、ボールを打っていけることにあります。

そのため、距離感や方向性を出しやすいと言えます。
デメリットとしては、ひっかけが出やすくなりますので、上体を突っ込み過ぎないようにして下さい。

クローズドスタンスのメリットは、左半身に壁を作ることができて、
ボールをクリーンヒットできることにあります。

左半身の壁によって、上体が流れにくく、押し出しを防ぐことができます。
デメリットとしては、方向性に難があることです。