パッティングを打ち切る方法


今回は、パッティングを打ち切る方法について、紹介したいと思います。

パッティングをしっかり打ちきるためには、
オーバーラッピンググリップがおススメです。

オーバーラッピンググリップのメリットは、
通常のショットと同じイメージで打てるところにあります。

オーバーラッピンググリップの握りは、
左手の人さし指に右手の小指を重ねて作ります。

オーバーラッピンググリップは、打った感じが良くて、
ボールを捕まえることができるようになってきます。

ただしショットのオーバーラッピンググリップとは、
若干にぎりが変わってきます。

ショットのグリップは、右手を上方からやや絞り込む感じですが、
パッティングで絞り込んでしまうと、
手首をこねくり回してしまう可能性があります。

そこでパターの場合は、グリップの下方から
握っていただいて、パターを肘から吊りあげる感じにします。

左右の腕に均等に吊り上げてみて下さい。
手はリラックスして握って下さい。

グリップしていく具体的な手順ですが、
ターゲットを確認しながら、
左右の腕を均等にして、身体のセンターで
グリップしていきます。

グリップしながら、フェイス面をターゲットに
合わしていきます。

左手の平をグリップの先に軽く押し当てます。
右手は指でグリップして下さい。