パットでショートしない方法


今回は、パットでショートしない方法について、

紹介したいと思います。

 

入ってもおかしくない距離で、カップに微妙に

届かないことがあったり、スライスラインで、

カップ寸前でボールが切れたり、フックラインで

わずかにはずれたりしたことはありませんか。

 

これらのミスは、インパクトで微妙に緩むことが

原因です。

大事なパットで、どうしても緩んでしまう方は、

ボールをセットする位置に工夫を加えると良いです。

 

フェイス面の先の方にボールをセットしてみて下さい。

フェイス面の先でボールをヒットすると、

ヘッドスピードが上がりながら、ストロークできるので、

ゆるみを解消することができます。

 

ショートパットからロングパットまで、あらゆるパットで、

試すことができます。

 

フェイス面の先でインパクトしようとすると、

フェイス面がオープンになってしまう錯覚を起こします。

 

しかし安心して下さい。

開きそうな気がするからこそ、感覚的に

しっかりまっすぐストロークしようとするのです。

 

逆に根っこで打とうとすると、フェイス面が閉じそうに

なるので、かえって緩んでしまいます。

 

切れやすい微妙なラインでも効果的ですので、

ぜひ試してください。