パットのインパクト


今回は、パットのインパクトについて、紹介したいと思います。

スタート前のパット練習で、いつもと調子が違うのに、何も対策をしないでコースに出てしまうと、
パットが大変なことになってしまいます。そうならないためのスタート直前パッティングドリルについて、
説明させていただきます。

ボールをうまくヒットできていない時の原因として考えられるのが、
ヘッドスピードが効率的に加速していないことが考えられます。

ストロークに緩みがでてしまうと、インパクトでヘッドの方向が狂ってしまい、
ストレートにボールをヒットさせることができません。

そのようにならないために、ボールの両端にティを差し込みます。
バックスイングしてティをぱちんと叩くつもりで、ボールを打ってみて下さい。

ティを差し込む位置は、2本のティを同時に叩けたときに、ボールがまっすぐ転がるように、
ボールの赤道に合わせて差し込んで下さい。

ボールにラインを引いておくと分かりやいです。何回も練習して、ボールにラインを引かなくても、
ボールがまっすぐ転がるように練習してみて下さい。

ターゲットに対して、まっすぐに構えるためには、ルーティンも大切になってきます。
自宅などでもパット練習でも打つ前に、ボールの後ろ側に立って、ラインをチェックしてから、
アドレスする習慣をつけていただき、毎回同じアドレスがとれるようにしてみて下さい。