パットのグリップ


今回は、パットのグリップについて、紹介したいと思います。

通常のパットの際は、多くの方は、オーバーラッピンググリップかインターロッキンググリップだと思います。

しかしパットでは、グリップの形を変えた方が良いです。
右手小指の上に左手人差し指を重ねるリバースオーバーラッピンググリップがおすすめです。

このグリップが、一番一般的なはずです。
右手の平全体と指全体でグリップすることによって、
右手の感覚を活用することができます。

多くの方は、ボールの後ろからラインを読むと思います。
距離の感覚を大事にしたら、その感覚を右手に送ります。

その感覚を大切にして、ストロークします。頭であれこれ難しいことを考えずに、
感じた距離感を大切にして、ストロークしてみて下さい。

グリッププレッシャーは、ほどほどにしてください。
パターがすっぽ抜ける一歩手前くらいでグリップしてください。

プレパットルーティンですが、右手の親指、人差し指、中指の3本でパターをつまんで下さい。
顔の正面にシャフトをセットしていただき、ラインを感じて下さい。

ラインを感じたら、右手でクラブをグリップして下さい。
ボールの横まで移動してアドレスして下さい。

アドレスを合わせたら、左手を添えていただき、両手でグリップしますす。

グリップしたら、ボールの打ち出しラインを確認しながら、
数回素振りをしてみて下さい。両手でパターをグリップした状態で、ヘッドをールにセットします。

ラインをイメージしながら、ストロークを開始します。