パット攻略法その1


今回は、パット攻略法について、紹介したいと思います。

1.下りのパット
パッティングにはラインがあります。ラインによって、
パットの難易度は、大きく変わってしまうため、

ラインに合わせたマネジメントが、必要になってきます。
下りのラインは、上りに比べて難易度が上がります。

5メートル以上の下りのラインでは、入れることは一切考えません。
とにかく寄せることを重視して、打ちましょう。

2.上りのパット
上りのラインの難易度は、下りに比べて、随分と簡単になります。

8メートルくらいまでなら、入れることを最優先に打っていきます。
上りであれば、外したとしても、カップからボールが離れすぎることは、
めったにないからです。

3.カップの見方
パッティングにおいて、ボールを入れにいくのか寄せにいくのかで
カップの見方が、大きく変わってきます。

ボールを入れにいくとき、ラインをイメージする時は、
どんなに太くでも4センチくらいの幅で、ラインをイメージします。
細いほど集中できます。

カップを狙う時も、カップをできるだけ小さくイメージします。
できれば点に打っていくイメージで、打ちます。

ラインは細く、カップは小さくイメージしたほうが、
入れるために必要な集中力を高めることができます。

4.傾斜の読み
パッティングでラインを読む時、上り下りと共に
重要になってくるのが、スライスかフックかです。

多くのゴルファーの方は、傾斜を浅めに読む傾向があります。
浅めに読んでしまった場合のデメリットは、距離がショートした時に
ボールがカップから遠ざかってしまうことです。

傾斜は深めに読みましょう。
深めに読むと、カップの入り口を最大に活用できます。
もちろんカップインする確率が、高まります。

5.イメージ
ラインを決めたら、打つ前に大事な作業があります。
ラインをイメージすることです。

どのような転がり方をして、カップインするかを鮮明にイメージします。
ラインだけでなく、カップのどの方向からどのくらいのスピードで
カップインするかをイメージします。

パットの名手ほど、アドレスからスイング開始までの時間より
アドレスに入るまでの時間の方が長い傾向があります。

それだけラインをイメージしているのです。
イメージを出す練習を普段からしてください。

6.グリーンの高低
ラインを読む時に、どこを基準に考えるかというと、
芝目よりはグリーンの高低です。

まずは、ボールを転がしたいライン上で、グリーンが高くなっている場所を
見つけます。

高くなっている所にボールを転がす感覚で、打ちましょう。
高いところまでボールが届けば、後は必然的に下りなので、
ぼーるは、自然とカップまで転がります。