パーセーブできるアプローチ


今回は、パーセーブできるアプローチについて、紹介したいと思います。

アプローチの距離や方向を安定させるためには、自分の基準を作る必要があります。
オススメの基準は、手首の動きを最小限にして、膝の高さまでの振り幅にすることです。

手首の動きを抑えることによって、スイングの安定感を増します。
注意点としては、ダウンスイングとバックスイングのスイングスピードを同じにすることです。
スピードを同じにすることによって、ボールの飛距離が安定してきます。

バックスイングが小さくて、ダウンスイングが早いと、
パンチショットのようになってしまい、ボールの飛距離が不安定になってしまいます。

バックスイングが大きいと、インパクトが緩みやすくなってしまい、
飛距離が不安定になってしまいます。

スイングスピードが一定で、振り幅が膝の高さの場合の飛距離は、
だいたい10ヤードくらいのはずです。
基準の振り幅と距離を確認できたら、他の距離の調整は、振り幅で調整します。

スイングスピードを一定にさせるコツですが、ボールを持って、
下手投げをしてみてください。

ターゲットに向かって、後ろに腕を引いて、前に腕を振り下ろす時、
普通なら一定のスピードになるはずです。

スピードが変わることは、滅多にないと思います。
アプローチのスイングも同じに感覚でやってみてください。