パー3のマネジメント


今回は、パー3のマネジメントについて、紹介したいと思います。

パー3の攻略は、ティショット前から始まっています。
攻略に必要な風の向きを事前に確認しておきます。

レイアウト表があれば、風の向きを書き入れておくと、
視覚で確認できて、分かりやすいです。

加えて前のホールまでに体感してきた風の向きや強さ
どんどん書き入れていきます。

ティショットを打つ前に、いくつかチェックします。
空を見て、雲の動きを確認します。

雲の高さが低かったら、風向きを確認することができます。
しかし雲が無かったり、高い位置にあったら、確認は難しくなります。

次は、ホールの周りにある木の葉を確認します。
できるだけ上の方にあり、軟らかそうな葉を確認します。

松の葉は、硬くて細いから関係ないように思えますが、そんなことはありません。
松の葉が揺れていたら、上空は強風になっている可能性が高いです。

一般的なのは、芝を飛ばす方法ですが、一つの方法に頼らず、
複数の方法を試して、判断すると間違いが少なくなります。

ピンフラッグとティグラウンドの風の向きが食い違っている場合は、
ティグラウンドの風向きを重視すると良いです。

ティグラウンド付近の風は、球筋に大きく影響します。
ピンフラッグの風は、落ち際だけ影響します。

ティアップするする場所ですが、おすすめはもちろん平らな場所です。
ティグラウンドで、平らな場所と言えば、中央付近です。

端になるほど、傾斜がついてきます。
なので、端にティアップするほど、つま先上がりやつま先下がりになってきます。

ライが逆目の場所で、ティアップする時は、ティを高めにします。
パー3では、ダウンブローで打ちこむため、芝が引っかからないようにするためです。

ライが順目の場合は、ティは低めで大丈夫です。
ダウンブローで打ちこんでも、引っかかることはないからです。

ボールは、身体の真正面にセットすることをおススメします。
体重は、フィフティフィフティで構えます。

パー3では、そんなに飛ばす必要はありません。
大きな体重移動は、ミスショットの原因になります。

体重移動をなくすために、ボールを身体の中心に置いて、打ちます。
そのとき、目線をキープしながら打つと、余計な体重移動を防ぐことができます。

打ち上げのホールでは、クラブを1番手大きくします。
ボールを少し左側にセットし、ティを少し高めにします。

すると、ボールは自然に高い弾道になります。
決して上げようとしてはいけません。

打ち下ろしのホールでは、クラブを一番手短くします。
ピンを見ないでアドレスすると、左肩が下がるのを防いでくれます。

弾道をイメージしてから、スイングすると良いです。