ヒッターとスインガー


今回は、ヒッターとスインガーについて、紹介したいと思います。

ヒッターとスインガーは、インパクト方法の差を分類した名称です。

ヒッターとは、下半身が開くのを我慢して、右手を伸ばしていくタイプです。
スイング軌道は、インサイドで降りてきて、フォロースルーは、ストレートになります。

スインガーとは、身体の回転を積極的に使うタイプです。
スイング軌道は、インサイドインになります。

どちらのタイプが多いかというと、世界中のゴルファーの10人に9人は、スインガーです。

ヒッタータイプが少ないのは、筋力が関係してきます。
ヒッターになるためには、上半身や腕の力を相当必要とするので、ヒッタータイプの女子プロは、皆無です。

スインガーが圧倒的に多いとはいえ、ヒッタータイプの打ち方が有効な場合があります。
それは、傾斜面です。

傾斜面で、身体の回転を十分に使うことができません。
無理に回転させてしまうと、上半身がぐらついてしまい、
ミスショットの原因になってしまうからです。

ここで傾斜面でのヒッター練習法を紹介します。左手は、通常通りにグリップしていただき、
右手の平をグリップの少し下あたりに、添えていただきます。

その状態で、バックスイングしていただき、ダウンスイングでは、
右手の平でシャフトを押していただき、シャフトが腰の辺りまで来たら、
右手の平をシャフトから離してみてください。

この練習によって、身体を回転させずに、
右手を押し込む感覚を理解することができて、
インパクトで、ヘッドスピードを上げることができるようになります。