ピッチエンドランをマスターする


今回は、ピッチエンドランについて紹介したいと思います。

エッジから10ヤード以上離れていたり、手前に障害物がある場合に、
重宝するアプローチ方法です。

ピッチエンドランも、ランニングアプローチと基本は同じです。
あまり大きなバックスイングをしてしまうと、距離感が狂ってしまいます。

ボールを上げるのは、スイングではなくクラブのロフトです。
コンパクトなスイングを心がけます。

ピッチエンドランで使うクラブは、ロフトがあります。
ロフトがある分、ボールが上がりスピンが効きます。

転がりが少なくなるので、キャリーが必要になります。
そのためにスイングは大きくなり、肩の回転運動が加わります。

手首もランニングよりは、柔軟に使う必要が出てきます。

目の前にバンカーなどの障害物がある時に、フェイスを開いて打つ方がいますが、
そのような打ち方をしていいのは、普段から練習している方に限ります。

ラウンドでぶっつけ本番で打ってしまうと、方向性が悪くなるうえに、距離感も
めちゃくちゃになってしまいます。

通常のフェイスの向きで、グリーンに乗ればいいやくらいの気持ちで打った方が、
パットでカップインする可能性が残るので、より確実な選択と言えます。