ピンが奥にあるバンカー越えショット


今回は、ピンが奥にあるバンカー越えショットについて、紹介したいと思います。

ピンが奥にある場合は、グリーンの手前にボールを落として、
転がすことができます。

転がすことができれば、距離感を合わせやすくなります。
とはいえ転がすことよりもバンカー越えに注意がいってしまうはずです。

低いボールでグリーンに落としてランを使う方法がありますが、
ここでは高いボールで打ち出して、ランを少なめにする方法を紹介します。

距離を出す方法としては、フォロースルーを大きめにすることです。
右足に体重を乗せていただいて、身体が飛球線方向に流れないようにします。

右足に体重を乗せたまま、フォロースルーをとっていきます。
高いボールを打ちたいときは、高いボールをイメージして下さい。

右足に体重を乗せた時の注意点としては、右肩を落とさないことです。
右肩の高さを変えないままスイングしてみて下さい。

右足に体重を乗せる割合は、右足に8割です。
高いボールを打つ時は、フォロースルーを高くとります。
フォロースルーを高くとろうとすると、スイングが大きくなって、
高いボールを打ちやすくなります。

フォロースルーの時は、右ひざが伸びないようにして下さい。
膝の角度をキープすることによって、身体の伸びあがりを防ぎます。