ピンに寄せるためのバンカーショット


今回は、ピンに寄せるためのバンカーショットについて、紹介したいと思います。
芝の上から打つアプローチと距離は同じでも、バンカーショットの打ち方は、根本的に違います。

芝の上からなら、ピンの手前までボールを浮かして、あとは転がしていくピッチエンドランが基本ですが、
バンカーショットで、この方法を使っても、ピンには寄ってくれません。

バンカーショットでピンの手前にボールを落とそうとすると、力加減を調整するあまり、
グリップが緩んでしまいます。グリップの緩みは、バンカーショットでは、ミスショットの原因になってきます。

ヘッドが砂の圧力に押されてしまい、ピンのはるか手前にボールが落ちてしまいます。
バンカーショットでは、ピンをデッドに狙うのが、鉄則です。

バンカーショットの成否は、どれだけピンに突っ込んで打っていくか、攻めの姿勢が大事です。

最初にアドレスをセットしていきます。ピンを見てから、アドレスをセットします。
そうすると、右肩が若干下がり気味になります。体重も若干右足体重になります。

このようなアドレスを取ることによって、ボールが上がりやすくなり、
ピンに突っ込んで打つことができるようになってきます。

ボールから足までの距離を長くとってしまうと、飛距離が出てしまいます。
距離をコントロールするためには、グリップを短めに持って、ボールから足までの距離を短くします。
そうすると、ボールの飛距離を抑えることが出来ます。

ボールの近くにアドレスすることによって、スイング軌道がアップライトになってきて、
ボールの勢いを抑えることができます。

距離があるバンカーショットでも、最初にピンを見ることによって、距離が出やすくなります。