ピンの寄せるためのバンカーショット


今回は、ピンの寄せるためのバンカーショットについて、紹介したいと思います。

ピンの寄せるバンカーショットを打つためには、ピンに寄せようと思うことはNGです。
ピンに寄せようと思うことは、ピンの手前に落とそうと思うことです。

ピンの手前に落とそうと思うと、インパクトが緩んでしまい、ヘッドが砂の重みに負けやすくなってしまいます。

砂にヘッドが負けてしまうと、予想以上にボールが飛ばずに、ショートしてしまいます。
ターゲットをピンフラッグに設定します。

ピンフラッグの高さまでボールを出す意識で打つと、ピンにボールが寄りやすくなります。
ピンの手前をターゲットにする方法は、かなりの経験値が必要になってきます。

経験が少ないアマチュアゴルファーの方であれば、ピンフラッグを狙うことによって、
しっかりフォロースルーをとることができて、カップの近くでスピンがかかり、
止まりやすくなります。

ピンフラッグを狙うためには、まずピンを確認します。
ピンを見ることによって、右肩の位置が少し下がります。
その時の上半身の位置をキープすることによって、
ボールが上がりやすくなります。

アドレスをボールに近づけます。
そうすることによって、ヘッドが上から入り、ボールが上がりやすくなります。

インパクトからフォローにかけて、身体を回転することによって、
ヘッドが抜けやすくなります。