ピンチの時の集中力


今回は、ピンチの時の集中力について、紹介したいと思います。

ピンチの時に再び集中力を高めることをリフォーカスと言いますが、
最初はいくつかの行動を取り入れ、ルーティン化します。

したがってその行動をした時、リ
フォーカスのルーティンをしているなと如実に分かります。

しかしリフォーカスに習熟してくると、段々行動が必要なくなり、
思考だけでリフォーカスができるようになります。そうなればOKです。

メンタルトレーニングを1年以上続けると、
多くの選手がその域に入ってきて、試合でも安定感が出てきます。

試合当日の心理的準備の一例 ゴルフの場合 
1.    朝、目を覚ましたら、すぐに起き上がらず、
2.    音楽を聴きながら、ストレッチやリラクセーション。
3.    起床して、鏡を見て、表情・態度のチェック。スマイル。
4.    散歩。朝のセルフコンディショニングです。
5.    音楽を聴きながら、ミニリラクセーションとミニサイキングアップ。
6.    音楽を聴きながら食事。
7.    音楽を聴きながら、車で会場へ。
8.    会場の脱衣場で、リラクセーション、ストレッチ、サイキングアップ、アップ
9.    ショット練習。ルーティンやリフォーカスのリハーサル。
10.    パット練習。ルーティンやリフォーカスのリハーサル。
音楽を聴きながらでも良いです。先輩ゴルファーに挨拶されても気付かないことがないように、
イヤフォンは片耳だけつけます。
11.    スタート10分前からスタート前の時間帯。呼吸は常にゆっくり規則正しく。
きょろきょろうろちょろしないように。今日のマネジメントを最終確認。
12.    プレスタートルーティンでスタート。