フェアウェイウッドでボールを捉える方法


今回は、フェアウェイウッドでボールを捉える方法について、
紹介したいと思います。

ロングホールで、確実にバーディを取っていくためには、
2打目が重要になってきます。

グリーンにどれだけ寄せられるか、あわよくば2オンに成功したら、
バーディの可能性がぐーんと上がります。

そのためには、フェアウェイウッドを使いこなせるように
なることが大切になってきます。

フェアウェイウッドは、ダウンブローで上から打ち込むのではなく、
横から払っていくような感じで打つことが大切です。

フェアウェイウッドは構造的に、底が芝を滑りやすくなっているので、
底を滑らせることが重要です。

アドレスでは、左右均等に体重をかけます。
どちらかに体重をかけてしまうと、アッパーブローもしくはダウンブローに
なってしまうからです。

ボールの位置は、左脇の下あたりが良いと思います。
体重が左右均等なので、ボールもセンターに置いた方が良いのではという
質問を受けますが、センターに置いてしまうと、手首がハンドファーストになってしまい、
ダウンブローになってしまうので、やや左側が理想的です。

アドレスした時に、ボールの真上が見えるようだったら、
ボールの位置が、左すぎです。

ボールの右側が見えるようだったら、正しい位置に
セットされていると言えるでしょう。

まずは、バックスイングです。
フェアウェイウッドで、バックスイングが不十分だと、
打ち急ぎが出やすくなり、スライスなどのミスショットの原因になります。

フェアウェイウッドは、ボールが上がりやすい構造にはなっていますが、
最低限のヘッドスピードが必要です。
バックスイングでは、十分に上体を捻転しましょう。

バックスイングで、よく言われるのは、
あごの下に左肩がくるまで、捻転しなさいだと思います。

しかしこのイメージでは、分かりにくい方もいます。
その場合は、右肩を頭の後ろまで捻転すると、イメージが出やすいと思います。

ダウンスイングで注意する点は、上体が左に流れないことです。
流れてしまうと、パワーが逃げてしまいます。

上体の流れを防ぐためには、ボールの右側を見続けることです。

インパクト後もボールの右側を見続けることができたら、
身体が流れていないと考えていいでしょう。