フェアウェイウッドの払い打ち


今回は、フェアウェイウッドの払い打ちについて、紹介したいと思います。

払い打ちの其本は、いくつかあります。アゴが上下左右にずれないことです。
アゴが動かないことによって、スイング軌道が、低く長くなり、ボールを正確にヒットすることができます。

フェイス面がクローズドになってしまうと、ダフリの原因になりやすくなります。
フェイス面のかぶりを防ぐために、左手リードでダウンスイングしてくることです。

トップからダウンスイングにかけて、手首を地面に向って、垂直に下してくることです。
そうするとヘッドが低く長く動くようになります。

手首の位置が高いと、スイング軌道が、アウトサイドインになってしまうので、注意して下さい。

払い打ちのためには、ソールが芝の上を滑ることが大切です。
ヘッドがアップライトすぎると地面を叩いてしまい、低い軌道を意識しすぎると、地面を叩いた後に、
アッパーブローになってしまい、ボールの腹を叩いてしまいます。

払い打ちをマスターするためのポイントは、バックスイングで背中側に引かないことです。
クラブが腰の高さに来たところで、クラブが飛球線の反対方向に向いているようにして下さい。

次に前傾姿勢を意識しすぎると、バックスイングで肩が下がりやすくなってしまいます。
バックスイングで少し伸びるくらいのつもりだと、肩が下がることを防いでくれます。

ダウンスイングで上体がスウェーしないことが大切です。スウェーすると、
右サイドが下って、あおり打ちになりやすく、ダフリの原因になります。
背骨を中心にして、回転するイメージを持って下さい。