フェアウェイバンカーからのショット


今回は、フェアウェイバンカーからのショットについて、紹介したいと思います。

フェアウェイバンカーから上手く打てない方々には、特徴があります。
そのような方々は、芝の上から打つ場合でも、ダフっていることが多いです。

芝の上からであれば、多少ダフったとしても、ソールが芝の上を滑って当たるので、
ミスショットになりづらいです。

しかしバンカーでダフってしまうと、ヘッドが砂に埋れてしまい、
ボールに力が伝わりません。

シングルの方々がフェアウェイバンカーからでもナイスショットができる理由は、
芝の上からでも正確にボールにヒットしているからです。

常に正確にボールをヒットできれば、ラフのようにヘッドとボールの間に芝が挟まることがないので、
バンカーからの方が、距離感が合いやすくなります。

フェアウェイバンカーに入ってしまったら、最初にやっていただきたいことは、
ライの確認になります。ボールヘッドが接触する所に、砂が盛り上がっていないかどうかです。

平坦であれば、簡単ですが、砂が盛り上がって、難しくなります。
次に確認していただきたいのは、アゴまでの距離とアゴの高さです。

グリーンまでの距離によって変わってはきますが、
大抵はクラブ1本分長くなると思います。

フェアウェイバンカーからショットは、ややダウンブローになります。
その分ロフト角は小さくなるので、低いボールになり、
アドレスも芝の上に比べて、安定感にかけるので、基本的に飛距離が落ちます。

アゴまでの高さが膝までだったら、140ヤードくらいまでだたら、
グリーンを狙っていけます。膝以上の高さだったら、バンカーから出すことを優先します。